介護福祉支部結成集会



















平成27年3月21日土曜日
 なかまユニオン、介護福祉支部Heartユニオンが、結成されました。
 講師に、各務勝博さんをお迎えして、介護福祉支部に期待すること。の、話を聞きました。
 介護職場の、横の関係が、結びにくいのは、システムの問題だということが、理解できた講演でした。

 

 皆さんご承知の通り、先の国会で、4月から介護報酬が2.27%も、引き下げられます。
 お年寄りが、支払う利用料も、引き下げられますが、微々たる額です。しかも、質の高いケアを、受けたいという場合は、月額約千円アップします。
 要支援の方々は、今まで利用できていたデイサービスや訪問介護なども受けられなくなります。この4月から、いきなり利用できなくなる訳ではありませんが、近い将来、確実に受けられなくなります。
国は、市町村に受け皿をつくり、街角デイや、ボランティア団体に移行させる予定なんです。


 ところで、皆さんは認認介護って言葉を、ご存知ですか?
 認知症が、認知症の方を介護することなんです。今まで、老老介護や老障介護等の言葉は、聞いたことがあると思いますが、今後、認認介護が当たり前になって、夫婦であったり、親子であったり
施設に入れない方々は、こうゆう状況の中で、日々の生活を送っていかなければならなくなります。

 自分の生活だけでも目一杯なのに。それぞれが、問題を抱えながらの介護は、もっと大変な事です。双方ともに認知症状のある人の生活は、想像を絶してしまいます。

認知症の生活は、火を使う事ができなくなる、食事や、服薬の管理ができない。お風呂に入れない。
トイレの失敗が増える。清潔、不潔が理解できない。ざっと、思いつくだけでも、たちまち!生活に支障をきたしてしまいます。


介護ユニオンの、これからは!自分たちの問題が多く含まれていることを、介護職以外の片方も、理解頂けたらと思っています。


愛称は、アルファベットのHeart
<H>一人じゃない!
<E>笑顔で!
<A>諦めない!
<R>連帯しよう!

<T>共に、闘おう!
のHeartが詰まった介護福祉ユニオンをどうかよろしくお願いいたします。