介護福祉支部規約


ひとりの痛みはみんなの痛み

なかまユニオン介護福祉支部規約

 

第1章 総則

第1条(名称)

   この組合は、なかまユニオン介護福祉支部という。

 

第2条(所在地)

   組合は事務所を大阪市都島区東野田町4-7-26 和光京橋ビル304号におく。

 

第3条(目的)

   この組合は、なかまユニオンの支部として、組合員の団結と相互扶助により、介護7・福祉・医療

 職場などで働く仲間の雇用の確保、労働条件の維持改善をはかり、経済的・社会的地位の向上を

 はかることを目的とする。

 

第4条(事業・活動)

   この組合は、前条の目的を達成するために次の事業、活動を行う。

    1.労働協約の締結、その他目的達成のための団体交渉

    2.福利厚生の推進や助け合いのための共済活動

    3.レクリエーショ活動や文化活動

    4.職業安定法に基づく労働者供給事業

    5.目的に添った他団体との交流

    6.その他、目的達成に必要なこと

 

第5条(組合員)

   この組合は、目的に賛同する正社員・パート・アルバイト・派遣・臨時、失業者など、すべての労

 働者で組織される。

 

第6条(加入の手続き)

   この組合に加入するときは、所定の申込書に必要事項を記載のうえ、加入金を添えてなままユ

 ニオン執行委員長に提出し、なかまユニオン執行委員会の承認を得るものとする。

 

第7条(脱退の手続き)

   この組合を脱退するときは、所定の脱退届に必要な事項を記載のうえ、なかまユニオン執行委

 員長に提出するものとする。脱退後は組合に対する一切の権利を失い既納の金品は返却しない。

   ただし、未納の組合費、その他債務がある場合は、それを完済しなければならない。

 

第8条(権利)

   何人も、いかなる場合おいても、人権、宗教、性別、門地、又は身分によって組合員たる資格を

 奪われない。

   組合員は平等に、次の権利を有する。

    1.組合のすべての活動に参加し、また組合の利益を受けること

    2.組合のすべての問題に自由に意見を表明し、議決に参加すること

    3.組合役員に選挙され、これに就任すること、及び役員を選挙すること

    4.正当な手続きを経ずに処分を受けないこと

    5.会計の帳簿をよび組合の書類を閲覧すること

 

第9条(義務)

   組合員は平等に、次の義務を負う。

    1.規約、及びすべての機関の決議を守り、共に目的達成のために努力すること

    2.所定の組合費等を納入すること

    3.規約に基づく各会議に出席すること

 

 

第2章 組織

第10条(組織)

   この組合は、なかまユニオンの支部を構成する。この組合の中に分会をおくことができる。分会

 の運営は、支部の運営に準じる。

 

第11条(支部大会)

   支部大会は、、この組合の最高決議機関であって、支部委員長がこれを招集し、年1回定期的

  に開催する。ただし、組合員の1/3以上、もしくは1/3以上の分会連名で請求したとき、支部運

  営委員会が必要と認めた時は、臨時に大会を開催しなければならない。

   支部大会は、委任状も含め組合員の半数以上の出席で成立し、出席者の過半数の賛成により

  議決する。

 

第12条(支部運営委員会)

   支部運営委員会は、この組合の執行機関であって、支部委員長、支部副委員長、支部書記長、

  支部運営委員で構成し、支部委員長が招集して毎月1回以上開催する。過半数の運営委員の参

  加で成立する。

 

第13条(役員)

   1.この組合の役員は、支部委員長、支部副委員長(若干名)、支部書記長、支部書記次長(若

  干名)、会計、運営委員(若干名)とする。役員の任期は1年とし、大会から次の大会までとする。

  ただし、再選を妨げない。

   2.各役員の役割

     ① 支部委員長は組合を代表し、組合業務の全責任を負う。

     ② 支部副委員長は支部委員長を補佐し、支部委員長に事故等があった時にその職務を代    

       行する。

     ③ 支部書記長は、組合日常業務を統括する。

     ④ 支部書記次長は支部書記長を補佐し、支部書記長に事故等があったときにその職務を

       代行する役割であり、必要に応じておくことができる。

     ⑤ 運営委員は、運営委員会の一員として、規約と大会の決定に従って、組合の運営の責任

       を負う。

   3.女性を積極的に役員に登用する。

 

第14条(役員の選出とリコール)

   1.役員は、組合員の直接無記名投票によって選出する。

   2.役員について、組合員の5分の1以上の連名でリコール要求があった場合は、30日以内に

     役員のリコール投票を組合員の無記名投票で行わなければならない。総組合員の過半数が

     賛成した場合は、当該役員は失職する。

 

 

第3章 団交、争議、団結権

第15条(団体交渉)

   労働協約締結等の団体交渉は、なかまユニオンが分会、支部と共同で行う。ただし、なかまユニ

  オンが分会、支部に委任した事項については分会、支部ごとに行うことができる。妥結はなかまユ

  ニオンの承認を必要とする。

 

第16条(同盟罷業)

   ストライキ権の行使は、運営委員会の承認の下、分会組合員の直接無記名投票の過半数の決

  議で確立し、この議決により行使する。

 

 

第4章 財政

第17条(組合費)

   1.組合費はなかまユニオン規約に定めるとろに従う。

   2.組合費と別に、支部費を徴収し、支部で管理することができる。

   3.会計帳簿は、組合員の請求があれば、いつでも公開しなければならない。

 

第18条(会計報告)

   すべての財源及び使途、主要な寄付者の氏名ならびに現在の経理状況を示す会計報告は、組

  合員によって委嘱された職業的に資格がある会計監査人により、正確であることの証明書ととも

  に、少なくとも毎年1回組合員に公表しなければならない。

 

 

第5章 規約の改正

第19条(規約の改正)

   規約の改正は、組合員の直接無記名投票により過半数の賛成により決定する。

 

第20条(細則・解釈)

   1.必要な細則は支部大会で定める。

   2.規約の解釈に疑義が生じた時は、運営委員会が判断し、支部大会に報告する。

 

 

第6章 解散

第21条(解散)

   この組合の解散は、組合員の直接無記名投票の4分の3以上の賛成をもって決定する。

 

 

附則

   1.この規約は、2015年3月21日より施行する。 

H・E・A・R・T